BIEMME

biemme-06biemme-001978年イタリア北部にて創業のサイクルウェアブランド”Biemme(ビエンメ)”。
30年以上もの間、歴代の有名ロードレースチーム・選手にウェアを供給し絶大なる信頼を得ている。現役レーサー、テストライダー、服飾デザイナーなどから構成されるビエンメのリサーチ&ディベロップメントチームは、常に洗練されたデザインと革新的機能を兼ね備えたサイクルウェアをリリースし続けており、本場ヨーロッパでも大変人気のあるブランドである。また、多くのメーカーがアジアなど他国に生産拠点を移す中、全ての商品をイタリア本国の自社工場で生産する稀有なメーカーでもある。

ブランド名の由来

biemme%e3%83%ad%e3%82%b401創業者Bertinato Maurizio会長の頭文字、BとMがブランド名、イタリア語読みでビ・エンメとなる。
Bertinato会長は元ロードレース・プロ選手で、究極の品質と技術革新を常に目指し、現在でも先頭に立って製品開発の指揮を取っている。

サポート・アスリート

ビエンメ社はその30年超におよぶ歴史のatleti_biemme中で、常にトップレーサー・チームにウェアを供給し続けて来た。
過去Biemmeを着て走ったライダーは、マルコ・パンターニを始め、サロンニ、フォンドリエスト、シモーニ、バルトリと枚挙にいとまがない。
これら一流チーム・選手のフィードバックは、ビエンメの商品開発に生かされ、ウェアの技術革新や快適性向上に役立てられている。

 

 

製品の特徴

素材

Biemme社では他社に先駆け、カーボン素材をウェアの繊維に織り込む技術を導入している。
下記以外にも多くの最新素材を求められる機能に応じて適所に採用している。

%e7%94%9f%e5%9c%b0

パッド

サイクルパンツの命ともいえるパッドの開発には大きな力を注いでいる。
パッドだけは外注に出すメーカーが多い中、ビエンメはデザインから製造まで全て自社で行っている。
激しく長いライディングでも常にライダーを快適にサポートできるように細かなマイナーチェンジが随時行われており、快適性や運動性能は年々向上している。(下記以外にも取扱パッドあり)

BRT GEL PAD
fx13-pad

・BIEMME の中で最も革新的で特許を取得したBRP PAD
・穴加工を施した密度の異なる複数のパネルを構成することでパッド下部の透湿性がより向上、ドライでクールに保つ
・耐久性を高め、サドルからの振動による不快感を軽減
・高い透湿性により発疹などの肌トラブルを防ぐ
・パッド内部のGEL が衝撃を和らげ、フィット感を高める

 

FX13 PAD
fx13-pad
・パッドの内側は泡状のくぼみがある特殊な構造で衝撃を分散
・中央の溝がサドルからの振動を軽減し、耐久性を高める
・非常に高い透湿性を持ち、表面に縫い目がないのでこの上ない快適なライディングを実現 

 

 

FX09 LADY GEL PAD

superairplus-lady
・科学的に形状をデザインされた高機能レディース用パッド
・男性用よりも薄く、骨盤に合わせた幅広いカッティング
・中央の溝がサドルからの振動を軽減し、 耐久性を高める
・非常に高い透湿性を持ち、パッド下部をドライでクールに保ち、最高の着心地を実現

 

 

エッジ

ショーツ・ビブショーツのエッジ(すそ)部分も、パッド同様に好みが分かれるパーツだが、ビエンメは想定されるユーザー、要望などに応じて数種類のエッジをラインナップしている。

ライクラバンド

%e3%82%89%e3%81%84%e3%81%8f%e3%82%8903エッジ部分に二重折りにしたライクラ素材を使用する事により、従来のエッジに比べ非常にソフトで快適な着用感を実現した。ライクラ部分を縫い付けるスティッチング糸に非常に伸縮性に優れた素材を使用する事により、足を激しく動かしてもエッジがずり上がる事がない。
「締め付け感」や「つっぱり感」も非常に少ない。

 

 

スタンダードなエラスティックバンド

particolare-elastico

シリコンプリント付のエラスティックバンドをビブ裏面に縫付けた一般的な仕様。しめつけ感が若干あるが、ビギナーからベテランまで支持の広いエッジ。

 

 

エラスティックバンド+シリコンプリント

%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b303 幅広の薄手エラスティックバンドをエッジ先端に縫付け、バンド裏面には○型のシリコンプリントを施す。スタンダードなエラスティックバンドほどの締め付け感はなく、シリコンバンドほどの突っ張り感もない。足への追随性はシリコンバンドの方が優れる。

シリコンバンド

%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89エッジの切り口は縫製せず、エラスティックバンドの代わりに、伸縮性に非常に優れたシリコンバンドを貼り付けた仕様。肌に吸い付く様な追随性が特徴で、まるでビブショーツが体の一部になった様な一体感を得る事が出来る。プロはこの仕様を好む事が多い。
慣れるまではハムストリングスのあたりに突っ張り感を感じるライダーもある。

 

 

デザイン・カッティング

biemme-02biemme-03ビエンメは、サイクリストの快適性と安全性、そして運動機能の向上をウェア開発の最優先事項に掲げている。 無駄の削ぎ落とされたシャープなデザインは、あくまでその副産物に過ぎない。そのあくなき技術革新と探究心により、常に最新のカッティングとユニークな機能を盛り込んだ最先端のサイクルウェアをリリースし続けている。

また、カラーリングやプリントデザインに関しては、イタリアンメーカーらしい鮮やかな色調と造形センスが特徴的である。

 

 

_m1_8528_m1_8579-modifica

商品紹介ページはこちら

 

d
c